ROADSTER GARAGE NEWS

roadster 龍妃ファイナル 改良作業開始しました!

今週は 予定通り roadster 龍妃ファイナル の フロントウィンドー 及び ルーフ の改良作業に 月曜から 入らせていただいております。


roadster AKI の メス型から製作した ルーフ部分の部分パーツも メス型の中で充分に硬化しましたし 今回は 今後のroadster 龍妃ファイナルのマスターモデルとなる 大切な車両ですから 変形などが発生しない為にも 十二分に強度を持つパーツに仕上げており フロントピラーにも 積層の際 強度アップの為の 鉄骨も導入してございますので まずは このパーツの メス型からの 取り出しから開始させていただきました。


roadster 龍妃ファイナル の改良パーツとはいえ roadster AKI のメス型から製作する 初めてのパーツでもあり 綺麗に製作できるか 期待を込めつつ 少々心配もございましたが 思い通りの製品が取り出せ 一安心いたしました。


完成したパーツは 鉄板以上の強度を持つ 叩けば カンカンという音がする 頑丈なパーツに仕上がっております。


どうしても FRPというと エアロパーツのような すぐに割れてしまうパーツを想像されると思いますが 十分な 積層枚数と FRP繊維とFRP樹脂の適度な配合バランス 十分なエアー出しの際のローラーによる シゴキを 行うことで 厚過ぎず しっかりした強度の製品が製作可能でして 少々のことでは ビクともしない製品が完成可能なのです。


また FRPは 化学反応で硬化いたしますので 薄すぎや FRP樹脂が多い製品などは 初期硬化時期(約一週間)は もちろんですが 完成から 少なくとも 3か月は変形を止めることはできないのですが その時期を経過した後も ずっと 変形を起こしてしまう為 お客様の手元に 納車された後も 必ず 変形が進行してしまいますから 当社では そのようなことが無いように また 鉄板以上の強度確保ができるように 可能な限り 丈夫でありながら 無駄に 厚くならず 少しでも薄く完成できるように しっかりと FRP樹脂が多すぎないように ローラーでのシゴキ作業を 丁寧に慎重に行い 最善の方法で製作を行うことで しっかりした ボディーを製作させていただいております。


当社の車両を ご覧いただく機会がございましたら ぜひ ゲンコツで ボディーをたたいていただき コンコンという音と共に その充分な強度を ご確認いただければ幸いです。


必ずや FRPという概念を超えた完成度に ビックリしていただけると思っております。 


また フロントウィンドーのマスターモデル完成に続き クォーターサイドウィンドー左右 バックドアーガラスの マスターモデルの製作も開始させていただいておりますので 完成次第 ガラス製作に入らせていただくつもりです。


roadster 龍妃ファイナルのガラスとは サイズなども すべて違いますので 今回も 高額な出費に なりますが roadster AKI 専用のガラス製作を 一台分 新規に 製作させていただく事になるわけですが より良い車両の製作には 必要な出費ですので 致し方ございません。


肝心な roadster 龍妃ファイナル の改良作業ですが 採寸と 自分なりですが 十二分なシュミレーションを 行ったうえで 作業開始させていただきましたが この作業は 私しか行えませんので 大胆にカットしながら それでいて 慎重に作業開始させていただいております。


roadster 龍妃ファイナル の場合 実車から型取りした部分が一切ございませんし 自分なりに バランスを考えながら 手作業で製作した車両ですので roadster AKI のような 本物から型取りしたボディーと 果たして 一体化が出来るか 少々不安ではございましたが フロントウィンドー下部の寸法 ドアー上部の寸法は 同じであることは 承知しており それを基準に 移植可能と判断しましたが ルーフ後部 および クォーターサイドのライン等は 実際に合わせて 作業してみない限り 未知の世界でして その部分が うまく 加工修正できるかが 今回の改良作業の一番の難題でした。


そのような 不安要素もありつつ 移植作業に入らせていただきましたが なんと! 私の想像を超える結果が待っていました。


まずは roadster 龍妃ファイナルのフロントウィンドーと天井部分の切断を施行後 フロントピラー部分の位置出しから始め 合体を施行しましたが 何か変? と思い よくよく 車両確認したところ なんと 5号車のリヤーボディーは 車体に装着は されていましたが タイヤハウスなどが まだ カットされておらず ジャスフィットしていない状況が判明 いったん すべてのパーツを取り外し ベース車両のカット作業を行っております。


その後 改めて roadster 龍妃ファイナルのキットを しっかりとボディー装着させていただき 再度 移植作業に入りましたが 私の想像を超える結果が待っておりました。

 
何と! 心配していたルーフ後部も クォーターピラー部も 驚くほど ジャストフィットするではないですが!


そのうえ クォーターサイドウィンドーは バランスの問題から 今回のroadster 龍妃ファイナルには roadster AKI の ガラスではなく roadster 龍妃ファイナル用のガラス装着をしたかったため ルーフサイドのラインが狂ってしまうと 想定しており その部分をバランスよく製作できるか とても心配しておりましたが そのような心配もなく ウソのように ぴったり 違和感が無く製作できることが 判明しました。



もちろん 細かい個所の改良は必要ですが 想定以上の結果となり 今回の改良は 成功となることを確信するとともに お客様が 必ず 喜んでいただける結果になると確信しましたし すでに この時点で 一目で 違いが分かるほどの 変貌ぶりでして 動画の中でも 話しておりますが センターピラー部分までの寸法は 私なりの製作車両ですが 寸法的に 合っていたようでして ただ フロントに向かって 真っ直ぐに天井サイドを製作した為 実際は オリジナルは 2cmほど センターに向かって入り込んでいく形状だったようでして フロントピラーの角度の違いと そのたった 2cmの寸法の違いが まるで 別物のような違いになっていたことがわかり やはり 綺麗な流線型のラインを放つ トヨタ2000GTの美しさは ほんの少しの寸法の差が 大きく影響することを 実感させていただきました。


量産開始前に このことが判明し 改良することが出来 本当によかったと思っております。


まだまだ 細かい改良作業が必要ですが まずは 基本的な改良は 成功させていただく事が出来たことが判明し 嬉しい限りですし 皆様にも喜んでいただけると思うと 思い切って 改良してよかったと思っております。


簡単な 動画ですが 作業動画をアップさせていただきましたので 作業結果をご確認 お願いいたします。

https://youtu.be/R09SmD_yBlo

roadster 龍妃 & 新型 roadster AKI 作業報告 No,10

トヨタ2000GT リアルモデルカー 新型 roadster AKI 及び roadster 龍妃 ファイナル の作業報告をさせていただきます。

まずは roadster 龍妃 ファイナル に関しましては 

新型 roadster AKI を発表させていただきましたが 正直 昨年までに roadster 龍妃 ファイナル を全面改良させていただいたことで フロントマスクなどは ほぼ 新型 roadster AKI と同じである事が証明されました。

たとえば フードパネルなども 共通で使用できるほど 寸法も合っております。

ただ どうしても roadster 龍妃 ファイナル のほうが 一回り大きく見えてしまう要因は 製作当初 ベースカーである ユーノスロードスターのドアーガラスを使用した為 フロントウィンドーの角度が立っている形状であること それに伴い 天井の横幅がオリジナルに比べ roadster 龍妃 が 120cm に対し roadster AKI は 116cm この4cm(片側2cm)の差が 一見して 大きく見せている事が判明しました。

しかしながら ガラスの高さは 逆に roadster 龍妃 のほうが立っている関係上 40cm に対し roadster AKI は 44cm である事から 計算上 roadster 龍妃 に roadster AKIのフロントウィンドー 及び 天井が 移植可能でないかと思われます。

皆様にお約束しているように 永いお付き合いをお願いし 常に クォリティーアップを図る所存ですので どうしても 今後のことを考えれば 改良にチャレンジするべきと判断いたしました。

しかし 皆様に お待ちいただいている関係もあり 事実上 現時点で また 新たに 試作を製作している暇は もうございませんので 5号車のお客様のご理解の元 5号車で改良させていただき 成功した暁は 全てのroadster 龍妃 を この形状で製作させていただき より オリジナルに近くさせていただこうと思っております。

たぶん 皆様は たった 片側 2cm と思われると思いますが 本物のTOYOTA2000GT から 型取りしたボディーを改良した 新型 roadster AKI 以外の車両は 全て 私の手作りによる コピーでは無い 完全手作りの車体のため 製作の際 各部のバランスを採りながら 車幅が広いベース車で トヨタ2000GTとして 可能な限り 違和感のない車体製作をするには 全ての箇所で 5mmの寸法のズレが ものすごい違和感になってしまうことを 重々 体験させていただいておりますので この 片側 2cm は 是非とも改良したい 譲れない作業だと思っておりますし 成功すれば 必ずや 皆様に喜んでいただけると自負しております。

よって この改良の為 撤去してしまう 5号車の天井などを使用して メッキのルーフサイドモール のマスターを製作させていただきました。

そして そのマスターから モール用のメス型を製作しておりました。

これならば 天井等に傷が付いても 撤去しますので 無駄にはなりませんし 気楽に製作も可能となります。

先日 無事 メス型も完成しましたので 続いて 改良前に フロントウィンドーのアッパーモール 及び フロントピラーの左右メッキモールのマスターを 同じく 5号車を使用して 製作の上 メス型を製作 完成させることを優先させていただき 無事 完成を迎えることができましたので roadster 龍妃 ファイナル のメッキモールのメス型は リヤーガラスのモール以外は 全て 完成に至っており 今後 ただちに リヤーガラスモールのマスターモデルを製作の上 メス型を完成させようと思っております。

今回のモールのメス型完成により リヤーウィンドーモールは後回しでも 作業的に roadster 龍妃 ファイナル の天井の移植作業が進行可能な状況となりました。

すでに 移植による改良用のroadster AKIのフロントウィンドー周りと天井部分は 製品が完成し 天井部分及び フロントピラー部分の補強も出来 製作製品の 初期硬化が完了する時間まで 充分に メス型の中で 変形しないように保管させていただいておりますので 次週より 5号車の天井を切断の上 撤去し roadster AKIの天井を取り出し 5号車へ 移植する作業に入る予定です。

Roadster AKI の作業内容に関しましては

もちろん 同時進行で roadster AKI のフードパネルのアウター 及び インナーのメス型が完成 このたび バックドアーのアウター 及び インナーのメス型も完成いたしましたし 同時に フロントアンダーカバー と 左右 フェンダーのBOXのフタのメス型も完成しておりますので 順次 これらのメス型を使用して 製品を製作開始しております。

現在は 左右の ドアーパネルのアウターのメス型が完成 最後の ドアーインナーパネルの メス型製作を開始している状況です。

これにより 全てのメス型が完成しますので 来週より 10号車のroadster AKI ボンドカーのボディー製作を開始させていただこうと思っております。

いい時期ですので 作業効率もよく 梅雨時までに 少しでも進行させていきたいと思っております。

昨日までの 作業内容を 簡単ですが アップさせていただきました。

よろしければご覧いただければ幸いです。

https://youtu.be/MOsOn4nCwhA

また このところ 毎日 数件のお問い合わせや ご来店を頂け 熱心な 温かいお言葉もいただけ 順調に この様な 納車にお時間を頂く状況にもかかわらず ご契約いただけることは たいへんうれしい限りですが ご来店の上 実車をご覧頂き 試乗していただく事が 一番 トラブルがないと思っておりまして ましてや 高額な買い物の上に クルマと言う物は 事故に結びつく 危険な乗り物ですし 人命にかかわります。

当社は 安全面を一番に考えたいと思っておりますので 是非 実車を確認していただき 試乗していただく事を 心より お願いしたいと思います。

遠方からは なかなか 難しいことは承知しておりますが どうか お気軽にご来店いただければ幸いです。

もちろん 購入に関係なく 乗ってみたいと言っていただけるお客様も 大歓迎ですので お気軽にご来店ください。

実際に乗っていただければ どれだけ 安定しているのか 特に ベース車のユーノスと乗り比べしていただければ 女の方でも その違いが 必ず 判っていただける程 安全であり 安定しておりますので 是非 ご自分で体験していただき ご納得いただいた上で お考えいただければと思います。

本当に 良い お客様ばかりで 幸せものであると思っております。

今後とも よろしくお願いいたします。

新型 roadster AKI 作業報告

先日の 熊本の地震は たいへんな事になっているようで 当社のお客さまも おられますので 心配しておりますが 自然災害とはいえ 恐ろしい限りですし 一日も速く 平常の生活になっていただけることを祈るばかりです。

私の会社も愛知県ですので 東海地震 南海トラフの心配もございますし 人事ではない状況ですが 最近 ネット上では 「2062年から来た未来人」の予言で 熊本の地震の日程が 5年前に予告されており 予告された日が 4月15日という日程だった事もあり 大騒ぎのようでして 次回 5月17日に現れるといい なぞの暗号を残していったようですが その暗号を訳すと「南海トラフ 逃げて」であったと言いますし 5月17日に 何かが起こると もっぱらの噂になっているようです。

2062年から来た未来人 完全版
http://from2062.com/

その他の異変と申しますか 4月15日に 三重県で「幻のサメ」があがり この深海魚も 今までに 世界で50回も確認されていないうえに なぜか 阪神大地震 東北の地震 伊豆大島の地震の 一ヵ月半前に 全て 各地で確認されている事実があるそうですし 過去の東海地震の災害が発生した時期も 2月から7月の間ばかりだったと申しますので 信じたくはございませんが 少々 心配しております。

幻のサメのニュース
http://www.j-cast.com/2016/04/16264300.html

南海トラフは 多大な被害が発生すると言われておりますし なにぶん 広範囲でもあり もちろん 起きない事が一番ですが もしものときの為に 事前に 災害の際の準備をされておいたほうが良いかもしれませんね

自然災害のため 心配しても仕方ございませんが 島国 日本は地震大国ですので 皆様 ご注意くださいとしか 言えませんが 本当に 来ない事を祈るばかりです。

とても 暗い話で始まってしまいましたが ここで うれしいお話をさせていただきます。

今月初めより 横浜のお客さまに roadster 龍妃 ファイナル シェルビーレーシングを試乗の為 お貸ししておりますが 東京のお客様より 是非 乗ってみたいとの お申し出がございまして 先日 横浜のお客様が 連絡を取っていただけ 大黒埠頭にて 待ち合わせの上 試乗していただけたようです。

その後 東京のお客さまから お礼とお褒めのメールをいただけ その上 ブログでも紹介いただけましたので よろしければ ご覧いただきたいと思います。

東京のお客さまのブログ
http://minkara.carview.co.jp/userid/1858794/blog/37707170/

また そのときの模様を お貸ししている 横浜のお客さまも YOUTUBEでアップしていただけておりますので よろしければ ご覧いただけると幸いです。

試乗動画 
https://www.youtube.com/watch?v=ShxRqZJYNck

このように roadster 龍妃 ファイナル を 皆様にお貸ししているのは 乗って初めて確認できる事が多く 改造車ですし 公認合格 イコール 安全では けっして ございませんし 危ない車両も多い事も事実でありますが 快適に乗っていただけてこそ 製作する価値がございますので 実際に 本当に安全に乗っていただけるかどうか 実際に 皆様に 体験していただく事が一番であり 乗っていただけることにより 私どもが 何を言うよりも 当社の車両が安定性が高く 高性能であり 運転が楽しめるクルマであることを確認していただく事が 下手な説明などよりも 説得力があると思っているからです。

当社は 外装のデザインの良さはもちろん 乗って楽しく 走りも楽しんでいただける車であることを 一番に考えておりますので 皆様も 是非 お気軽に体験していただけると幸いです。

肝心の作業報告ですが 新型 roadster AKI のメス型完成に伴い 早速 フロントウィンドーの基となる FRP製のマスターモデルの製作を行いました。

今回の フロントウィンドーのマスターモデルも ガラスの型を製作する為の 大切なマスターモデルですので 変形などが起きないように 充分な積層枚数の上に もちろん 補強パットも積層 裏面も 変形防止の為の補強板を制作しております。

先日 マスターモデルも 無事完成をいたしましたので 5号車で改良させていただく予定の roadster 龍妃 ファイナル 改良の為のフロントウィンドー周り 及び 天井周りのパーツ製作に入っております。

簡単な作業風景ですが アップいたしましたので ご確認お願いいたします。

https://youtu.be/TUVgFUEEsNY

ゴールデンウィークは 暦とおりの お休みをいただきますが 連休までに このパーツの完成をさせるつもりで頑張っております。

梅雨までに 少しでも 作業を進めたいと思っておりますので ご期待ください。

新型 roadster AKI メス型 修正作業報告

無事 新型 roadster AKI のメス型が マスターモデルから剥離できましたので 昨日 車体を 前方に移動した上で メス型のフロントフード及びフロントウィンドー部分 と 天井部分 を 車体から取り外す作業を行いました。

この二つのメス型は 新型 roadster AKI の車体製作の際は 上下が 逆になる形状で 製作していく為 頑丈なメインフレームを装着させましたので すでに 人間の力では かなりの重量ですから 取り外せない事はございませんが 危険ですので フォークリフトで すくい揚げることにいたしました。

しかし 当社の工場は 一部が 二階建てであり 天井が低い場所での メス型の製作でした為 一旦 新型 roadster AKI のマスターモデルに タイヤを装着 天上の高い場所まで 車体を出した上で フォークリフト使用の上 取り外しております。

無事 取り外したメス型を その後 一旦 組み上げる事にしました。

何故かと申しますと 各面の当たり具合の確認をしつつ 各パーツ脱着の際に 干渉する場所がないか また 今後 車体製作の際に 問題になる箇所 やりにくい箇所は無いかの確認を行い 各部の当たりが綺麗になるように修正を施しております。

また 同時に タイヤハウスなど FRP貼り付けの際 エッジ部分が綺麗に製作できるように製品面の延長の意味もあり 装着していました フランジも 余分な部分や 不要な部分などを確認のうえ 再度 切断して 綺麗なメス型になるように調整しております。

各部の修正を終え 組みあがったメス型は またしても 各パーツに分解し 各フランジと製品の境目に どうしても 出来てしまう バリが 残っていると 製品製作のため FRP積層を行う際も 余分な空気が入る要因にもなりますし そのバリに くっ付いて 製品はもちろん 肝心な メス型も痛めてしまう事になりますから 全てのバリを研磨して撤去してやり 綺麗に そして スムーズに 製品が完成できるように 本日は 修正しております。

本日までの 作業動画です 是非 ご覧ください。

https://youtu.be/fbQPz1lr8Wc

この作業が完了した後 FRP専用強力剥離剤を 何度もしっかり塗りこんで乾燥させ メス型の表面が 製品に くっ付くことが無い様に 充分な 剥離効果が出るように仕上げれば 製品が どんどん 量産可能となりますので 待ちに待った 新型 roadster AKI の ボディー量産の開始となります。

すでに フードなどの メス型も 同時作業で完成しておりますし 左右 ドアーのメス型を 早急に 今後の作業と同時作業で製作して参りますので ご期待ください。

新型 roadster AKI メス型 剥離完了しました。

先週のご報告に続き 新型 roadster AKI メス型作業のご報告をさせていただきます。

本日 無事に メス型を 新型 roadster AKI のマスターボディーから 取り外しが完了いたしました。

今回の 新型 roadster AKI の メス型は お時間を頂きましたが その分 充分な厚みのある しっかりした メス型が完成できました。

しかしながら 今まで製作してきた メス型の中でも 一番大きなメス型ですし 正直 クルマ一台分の それも一体化という製作であったため 重量も重く 巨大ですし 今後 製作予定の オープンモデルやレーシングモデル製作にも 対応できる 万能タイプの型にしたかったため いろいろと試行錯誤の上 製作しましたので 正直 マスターモデルを破損することなく 無事に取り外せる事が出来るかどうか 少々 不安に思っておりましたが 予定通り 無事 取り外しが完了できた事を 本当にうれしく思っております。

明日より 取り外しました メス型を より綺麗な状態にするために 修正させていただき メス型 製作作業を終了させていただくつもりです。

今後の予定としまして まずは 先回 お話させていただきましたように ガラス製作を優先し このメス型から フロントウィンドーのマスターモデルを製作 ガラス製作を依頼させていただくつもりです。

そして 5号車改良の為のフロントウィンドー周り及び天井部分の製作に入ります。

これらの作業は 時間はあまり要さないと思われますので これらが完成次第 10号車製作用の 新型 roadster AKI オープンボディーを製作 その後は 新型 roadster AKI の クーペボディーを 随時 次々と製作していくつもりですので 今回の メス型は 休む暇なく使用される事になるでしょう。

ガラス完成には お時間が掛かりますが ガラスのボディーへの装着は 全塗装が完成した最後の工程となりますので ガラス完成を待つことなく ドンドン 一台でも多くの車両を完成させていくことにより 一日も早い納車が可能になるように 頑張って参りますので 今後も 更なる ご期待をいただけると幸いです。

本日の メス型剥離作業の風景です。 

是非 ご覧いただければ幸いです。

: https://youtu.be/F4jm2CmdCGk

新型 roadster AKI メス型 完成いたしました!

早いもので もう四月 今日の雨で桜も散ってしまうんでしょうね

ここ数年 これといった趣味も無く 何か無いかと思い 仕事でも使用しますので 以前より ほしかった一眼レフカメラを買って楽しんでいますが 昨年同様 今年も桜を撮影することなく 時期が過ぎ去ってしまいそうです。

娘が小さいころは カメラもビデオも大活躍していましたが なかなか 撮る被写体も無く せっかくの良い時期も逃している次第です。

おかげさまで 新型 roadster AKI のメス型も 月末まで かかってしまいましたが 何とか 完成を迎える事が出来ました。

完成動画です よろしければ ご覧いただけると幸いです。

https://youtu.be/M5N05Np0Gn0

今回のメス型は 量産に耐えるように かなり頑丈に製作しておりますので 丁寧に扱えば 100台は生産可能であると思っておりまして roadster 龍妃 ファイナル の場合 フロントマスクとボディーが分離するタイプに対し roadster AKI は 完全な一体ボディーの為 完成の際は 一台丸ごとの大きさになる関係上 かなりの重量になると思われますので 鉄骨で製作した 移動用のアングルも 普段は 5cm角の鉄骨を使用しますが その倍の 10cm角のものを使用しました。

今回のメス型完成にあたり まずは フロントウィンドー リヤーサイドガラス バックドアーガラスのマスターモデルをFRPで製作 ガラスの新規製作を先に進行するつもりでおります。

その後 早急に製作可能な 5号車の改造用の フロントウィンドー及び天井部分の製品を行った後 roadster 龍妃 ファイナル 10号車のお客さまが roadster AKI に車両変更を ご希望された為 roadster AKI ボンドカーの製作に入り その完成車から ボンドカーの天井部分? (正確にはトランク部分ですね)のメス型を製作させていただく予定です。

もちろん ドンドン メス型を使用してボディー製作を同時進行で行い roadster AKI の量産も開始させていただきますので ご期待いただければと思います。

今からが 気温も上がり 製作には適した環境になりますので 梅雨に入る前に 少しでも 作業進行できるよう 頑張りますので ご期待ください。

本日は 関東から ご夫婦で一泊二日で ご来店いただけた お客様より roadster AKI のご契約もいただけましたし 最近 本当に多くの皆様のご来店 お問い合わせをいただけ 感謝するばかりですし 皆さんのご希望に添えるよう スタッフ一同頑張りますので これからも よろしくお願いいたします。 

roadster 龍妃ファイナル 空撮していただけました

先日 以前から 色々 ご協力いただいております プロの空撮カメラマン M氏のご厚意で 無償で 当社 オリジナル roadster 龍妃ファイナル の シェルビーレーシングの 空撮動画を撮っていただけました。

撮影場所は 伊豆と高野山のスカイラインです

ドローンによる撮影の様ですが 想像以上に画面が安定しており 通常では撮影できない動画は さすが というしかございません。

撮影にあたり 撮影許可申請など 手続きも多く 費用もかかったと思いますが M氏からのご提案をいただけ 撮影していただけたことは 本当に嬉しい出来事でした。

撮影の為に roadster 龍妃ファイナル を運転していっていただけたのも 仲間の西本さんが わざわざ 大阪から 取りに来ていただけ そのうえ 経費も自腹で乗って行っていただけ 本当に 皆さんに ご協力していただけ 感謝するばかりです。

せっかく 素晴らしい空撮動画を撮っていただけましたので 当社が撮影してあった走行動画を加え 簡単にですが roadster 龍妃ファイナル シェルビーレーシング の 走行イメージ動画を製作してみました。

撮影場所も異なり プロのように 絵コンテなども無く 好きに撮った動画の組み合わせなので 少々不自然な感じもしますが よろしければ ぜひ ご覧いただければ幸いです。

roadster 龍妃ファイナル シェルビーレーシング 走行イメージ動画

https://www.youtube.com/watch?v=m_Lx9y_gUCk


昨日 朝から自分なりに製作してみたので BGMもフリーBGM使用ですし 今一ですが また イメージを決めて 近いうちに もっと せっかくの空撮動画が生かせるような走行動画を撮影してみたいと思っておりますが なにせ センスの問題が・・・・・・


昨日も やはり いつもお世話になっております GTカーの松井さまが シェルビーを乗って行っていただけ スパ西浦サーキットでの走行会に参加させていただけたようですし 来月4月3日は 静岡県 「エコパ」に お客さまが roadster 龍妃ファイナル に乗って参加していただける予定ですし その翌日 4日から 同じくシェルビーを 神奈川のお客さんにお貸ししますので 横浜を中心に走行している roadster 龍妃ファイナル シェルビーレーシング を 皆様に ご覧いただく機会もあるかと思いますので ご期待いただければと思っております。

本当に 皆さんが 当社に代わり 機会があるごとに 試作車を乗っていただきながら まるで営業活動さながらに宣伝していただけており ありがたく思っております。 


いつも お客さまをはじめ 本当に 多くの良き仲間の皆様のご厚意をいただくことが出来 幸せ者と思っておりますが これも トヨタ2000GTの魅力のおかげであると 心より感じますし 今後も 皆さんと共に 楽しみながら 夢を追い続けていけたらと思うばかりですし ご購入いただけたお客様だけではなく 当社の製作したクルマを乗ってみたいと言っていただけるお客さま また 応援していただけるお客さま 皆様に 気楽に 楽しんで乗っていただけ 笑顔をいただけるように より安全で良い車の完成を目指し 頑張らせていただき 何もできませんが 少しでも 恩返しが出来ればと思っております。 

また 昨年より お話をいただけ 水戸自動車大学校の生徒さんが 授業の一環として 当社オリジナル 「ハコステ」 を 製作 公認申請まで行い 今月 無時にナンバー取得され 写真と共に 完成のご連絡をいただけました。

製作期間 および 予算などの問題もあり 今回は フロントフェイス返還キットでの「ハコステ」製作でしたが 昨年末に キットを発送 本年度 年明けから製作され 無時 公認取得まで完成させるのは 初めて 製作される生徒さんたちにとっては 大変な作業だったと思いますが 無時に完成されたことは 今後の生徒さん 一人一人の自信につながったのではないかと思っておりますし 本当に 立派だと思います。

しかし 生徒さんたちは 完成を喜ぶ暇もなく 20日の国家試験に向け 猛勉強されたようですが 昨日 テストも終了されたと思いますし 今日以降 重荷も消え じっくりと実感がわいてくるのではないかと思います。

いつも思うのですが 近年 専門学校の皆様が このような カスタムカーを製作できる環境が増え 本当にうらやましい限りですし 私も この時代に生まれたかったと痛感しますが 少しでも 何か ご協力できることがあれば 今後の自動車業界発展の為にも お手伝いさせていただきたいと思うばかりです。

日々 バタバタしていて 気ばかり焦ってしまい ジジイの為 なかなか 体がついていきませんし 世間は 人間関係が信用出来なくなる様な暗いニュースも多く 当社の位置する蒲郡市でも こんな田舎でさえ 先日殺人事件発生など 気が滅入ることもございますが 昨日から 4人の孫たちも 子供たちだけで お泊りで遊びに来てくれており このように 若い人のクルマ離れと言われるなか 若い生徒さんが 当社の車両製作をしていただけたり 良い仲間もドンドン増え 自主的にご協力いただける 幸せを 心より ありがたく思いますし 幸せ者だと思っております。

2月までの 作業報告をさせていただきます。

2月までの 新型 roadster AKI 作業報告をさせていただきます。

新型 roadster AKI メス型製作を中心に作業を行っておりますが 各 割り型の積層も一回目のしっかり密着させる為の450番 ソフトタイプのFRP繊維の積層完了後 強度確保の為の 厚手の600番 FRP繊維の積層を 一回に 2積層づつ 2回に渡って積層させていただきましたので すべての面が 5積層完成を迎えております。

この状態で 簡易型であれば 十分なメス型完成となりますが 今回のメス型は 今後 新型 roadster AKI の車体を 少しでも多く製作可能にするべく 最低 100台は 製作可能な 丈夫な メス型としたいと思っておりますので これからさらに 600番のFRP繊維で 4積層を施し 8積層目終了後 補強の為の 特殊補強パット素材を貼り付けた後 最終の 9積層を施す事で 十分な強度を持った メス型として完成するつもりです。

また 完成した メス型は かなりの重量となると思われますので 各面を鉄骨で さらに補強のうえ フード面 及び 天井面は 製品作成の際は 一番 下側となる関係上 移動も可能にするべく 鉄骨でアングルを組み そこに滑車も装着する事で 作業効率アップも図る予定です。

今後の製作予定としましては メス型完成後 roadster 龍妃 ファイナル 10号車のお客さまが 今回の新作 新型 roadster AKI への製作変更をご希望いただけましたので まずは 10号車の製作に入らせていただく予定です。

たまたま 10号車は オープンモデルをご希望であり 10号車のお客さまに お願いをし 新型 roadster AKI ボンドカーを製作させていただいた際 完成のときに 10号車から ボンドカーモデル(オープンモデル)のメス型を製作させていただく許可を頂いておりますので 新型 roadster AKI ボンドカー は 当社がマスターモデルを製作することなく メス型製作が可能となりますので マスターモデル製作の必要もなくなることで 一台でも多く お客様の車両製作にかかれると喜んでおります。

また 今回のメス型完成に伴い フロントウィンドーや 各種ガラスのマスターモデルが完成できますので いち早く マスターモデルを製作のうえ ガラスの新規製作発注を行う所存です。

現在 9号車までの roadster 龍妃 ファイナル の製作を行っておりますが 5号車の製作が 一時中断しております理由は こちらも 5号車のお客様にお願いをして roadster 龍妃 ファイナル を よりオリジナルに近い形状に変更すべく またしても 改良を施してみたいと思っているからです。

Roadster 龍妃 ファイナル の改良は 昨年 完了し 完成度もアップすることに成功しておりますが 新型 roadster AKI 完成に伴い 両車を比較しましたところ フロントマスクは ほぼ 同寸法であり 見分けが付かない状況まで来ておりますが フロントウィンドーが roadster 龍妃 ファイナル の場合 当初 ユーノスロードスターのドアーガラスを再使用していた関係上 オリジナルよりも傾斜が立っている状態でして roadster 龍妃 ファイナル のフロントガラスの縦寸法が 40cm に対し 新型 roadster AKI のフロントウィンドーガラスの縦寸法は 44cm であることが判明 この4cmの違いは 丁度 傾斜の違いで解決できる事が判明しました。

また ドアーの上部 の寸法も roadster 龍妃 ファイナル も 新型 roadster AKI も同じ寸法ですので 今回製作する 新型 roadster AKI のドアーガラスが roadster 龍妃 ファイナル のドアーにも装着可能な事も判明 ならば フロントウィンドー と ドアーガラスを roadster 龍妃 ファイナル と 新型 roadster AKI で 共通で使用できればと考え roadster AKIの フロントウィンドー 及び フロントピラー 天井部分を roadster 龍妃 ファイナル に移植する事にいたしました。

正直 せっかく 製作した roadster 龍妃 ファイナル のフロントウィンドーが 無駄になってしまいますが 両車 共通にすることで ドアーガラスはもちろん ドアーサッシも共通となり 製作枚数を増やす事で コストダウンも図れますので 相対的には そんなに損益につながることも無く 完成度は 段違いに良くなると判断し 何よりも お客さまに 喜んでいただければと思い チャレンジさせていただく事にいたしました。

この改良に伴い roadster 龍妃 ファイナル の天井の幅も 新型 roadster AKI と同じになるので 実寸で 幅が 約6cm小さくなると考えておりまして フロントウィンドー 及び 天井が 新型 roadster AKI と同寸法になる事で roadster 龍妃 ファイナル も 現状では フロントマスクは ほとんど寸法がかわらなのに 一見して 一回り大きく見えるのは このフロントウィンドーと天井の幅の違いである事が判明しており これを改良すれば ほぼ roadster 龍妃 ファイナル も新型 roadster AKI と 見分けが付かない完成度になると思っております。

この企画に 5号車のお客さまも賛同していただけ 新型 roadster AKI オープンモデル同様 成功した暁には 5号車から roadster 龍妃 ファイナル のリヤーボディーのメス型を製作させていただけるお約束をいただけておりまして この企画が成功すれば 完全改良版 roadster 龍妃 ファイナル として 新型 roadster AKI と 同程度の完成度を持つ 新 roadster 龍妃 ファイナル を 今後は 今まで同様の価格のまま 製作させていただく予定です。

理解ある すばらしいお客さまのおかげで 余分なマスターモデルを製作することなく オープンモデルや より良い車体の roadster 龍妃 ファイナル のメス型を製作できるようになり 本当に感謝するばかりですし ありがたい限りですので 何も出来ませんが お待ちいただいているお客さまの為にも 少しでも 恩返しが出来るように 皆様のご期待に添える車両を完成させていく所存ですので 今後とも ご支援のほど よろしくお願いいたします。

2月いっぱいまでの 作業内容の動画をアップさせていただきました

よろしければ ご覧いただけると幸いです

https://youtu.be/J4gHeZKYeYw

イベント 「名古屋旧車天国」 に出展して参りました。

2月27日(土曜日) & 28日(日曜日)に開催されましたイベント 名古屋オートトレンドに 急遽 お台場で開催された「旧車天国2015」が大好評だった為 八重洲出版様主催 「名古屋 旧車天国」が 同時開催される運びとなり お誘いを頂きましたので 当社も 急遽 参加させていただいて参りました。

とはいえ roadster 龍妃 ファイナル 及び 新型 roadster AKI の量産に向け 日々 頑張っております時期でもあり 今回の展示にあたり 新型 roadster AKI を 本来は 展示したかったのですが 現在 メス型製作途中でして 展示も出来ず roadster 龍妃 ファイナル を展示 とも考えましたが よくよく 考えてみれば 昨年の「東京オートサロン」にて 発表させていただきました ランボルギーニ・ミウラ レプリカ は 名古屋の皆さんには まだ ご覧頂いていない事に気づき 是非 ご覧いただければと思い 今回は ランボルギーニ・ミウラ レプリカを展示させて頂く事にいたしました。

また 一台では 展示スペース的にも 寂しいと思いましたし 展示準備の負担が無く 皆様に喜んで見ていただける事がないかと考え 私自身がほしかったモノで 以前 ついつい 製作してしまった 1/2サイズの巨大 TOYOTA2000GTのラジコン と 同じく スーパーカー世代に ドンピシャな ガンダムも 友人の大島君が 以前 製作してプレゼントしていただけましたので 現在 事務所の入り口に展示しておりますが これも 来店者の皆様が たいへん喜ばれ 記念撮影をされて行かれる事を思い出し 大人になってもほしい物シリーズとして あたかも 大人のおもちゃ箱的な展示をさせていただきました。

おかげさまで 一号館の外で スーパーカーの展示もされていた事もあり たいへんな好評で 小さなお子様はもちろん 大人の方々も ラジコンを スタッフが動かして遊んだりした際は 大喜びをしていただけ 「ほしい!」と 皆さん 言っていただけましたし ガンダムも大好評で 記念撮影をされるなど いつもよりも ホンワカした 楽しいイベントを行うことが出来ました。

このところ 日々 量産に向け頑張っている毎日ですが いつものイベントよりも スタッフ一同も楽しめたイベントとなり 良い気分転換にもなったと思います。

わざわざ 遠方より ご来場いただきました お客さま また 購入を考えていると言っていただけるお客さまも多く 皆さんの期待に沿えるように 安全で ご期待を裏切らないクルマを頑張って製作させていただきますので 今後も ご支援のほど よろしくお願い申し上げます。

人ごみで なかなか撮影できなかった為 開場前の写真や 開場 間もない時の動画ですが アップさせていただきましたので ご覧いただけると幸いです。

https://youtu.be/tggfQORu2Qo

追伸

このたび 当社 お客さまの ご好意で 携帯版 モバイル ホームページが完成いたしました。

つきましては 写真のQRコードを撮影していただければ 簡単に登録できますので 是非 ご登録のほど よろしくお願いいたします。

また 会員登録のメールを送っていただく事で 今後 当社からの ご連絡メールを受信いただけますので 是非 ご登録 よろしくお願いいたします。

名古屋「旧車天国」 急遽 出店決定しました。

新型 Roadster AKI のメス型製作も 3積層が終了しましたので ここで 隣接する面のメス型製作に入っております。

本来ならば 各面 メス型ですので 8積層完了後 他の面の製作に入るのですが 今回は メス型の割る箇所の問題もあり FRP硬化によるメス型自体の反りによる マスターモデルからの離脱も考慮されますので まずは 先に隣接する面のメス型製作を優先したうえで マスターモデルにぴったり合った 3積層のメス型を完成させ その後 順次 各面の積層枚数を増やしながら 十分な肉厚の 丈夫なメス型完成を目指すつもりです。

先日までの 作業報告をアップさせていただきましたので よろしければ ご覧ください。

 https://www.youtube.com/watch?v=Zon8MDMxJmo

roadster 龍妃ファイナル に関しましては 無時 ドアーガラスも完成してきましたので ドアーガラス装着の最終調整 および 今回は より オリジナルに近くなるように リトラクティブルヘッド自体も再製作しており リトラヘッド可動方法も新たに改良させていただいておりますので 楽しみにしていただければと思います。

先日 当社 ホームページ NEWS にて 公表させていただきましたが 昨年11月に出店させていただきました 八重洲出版様主催の「旧車天国」の 名古屋バージョンが 急遽 2月27日・28日 名古屋ポートメッセで開催されます 「名古屋オートトレンド」と同時開催される運びとなったそうでして お誘いいただけましたので 当社も 急遽 出店させていただく事に致しました。

出店場所は ポートメッセ 一号館 ブースナンバー 126  に決定しました。

当日は roadster AKI は メス型製作の為 持って伺えませんが オートサロン以外 一般展示を行っておりません ランボルギーニ ミウラ レプリカ も展示させていただき一人でも多くの皆様に ご覧いただきたいと思っておりますので ぜひ ご都合がつくようでしたら ご来店のほど よろしくお願いいたします。

イベント詳細に関しましては 下記をご参照ください。



名古屋 「旧車天国」 イベント は

 開催場所  名古屋 ポートメッセ

 開催日   2月27日(土曜日) および 28日(日曜日)

 同時開催  名古屋オートトレンド

 イベントホームページ

   旧車天国        http://www.oldtimer.jp/tengoku/mini2016_nat/
   
   名古屋オートトレンド  http://www.n-autotrend.com/

2 3 4 Next >> 

HOME > ROADSTER GARAGE 製作日記