ROADSTER GARAGE NEWS

roadster 龍妃 改良作業報告 No,21

先週末 予定通り 龍妃ファイナルのメッキモールの メス型の積層が 7積層 すべて 完了することが出来ました。

第二土曜日ということで 土曜・日曜の二日間 乾燥の為 そのままボディー装着したまま にして おきましたので 月曜日 早速 離脱作業を行っております。

本来は 一週間は 変形防止の為 そのままにしておきたいところですが 時間が無いのもありますが 変形防止のために フロントウィンドーごと 型取りをしておりますし サイドも 形状が複雑ですので 変形が少ないと判断して すぐさま 離脱し 龍妃ファイナルボディーの メス型製作の為の 最終 表面修正作業を進めていきたいと思います。

午前中 無時 離脱も完了しましたので 待望の roadster AKI 初ボディーの離脱作業を開始しましたが 初めて製作したボディーですので 綺麗に 無時に メス型から外せるかどうか 少々心配しておりましたが こちらも 無時に 離脱することが出来 綺麗なボディーが 生まれてきました。

当社のボディーは 一番薄い個所で 5積層しており フロントマスクのアッパー部分 カウルパネル(ワイパー装着部分)は 7積層 そして 一番強度確保がしたい ヘッド周りは フードヒンジ等も装着する関係上 十二分な強度確保が必至ですので 9積層を行っておりますので 鉄板以上の強度を確保 しっかりした 重量のある ボディーに仕上がっておりますので FRPとはいえ 少々の衝突程度では ビクともしないボディーが完成しております。

よく 安物のエアロパーツなどが FRP製であるため FRP製品は 割れやすいと思っていらっしゃる方が多いと思われますが 当社の積層方法で そのうえ 何層にも及ぶ 積層を施してやる事で 十分な強度を持ったボディーが完成できますし その証拠には 当社のボディーを ゲンコツで叩いていただけると よく 分かっていただけますが カンカン! という 到底 FRPとは 思えない音がするほど 頑丈なボディーが完成しております。

離脱も 予定通り 問題なく完了できましたし メス型も 傷つくことなく 完了しましたので 即時 次のボディー製作に入る予定です。

しかし 今回から 一体ボディーになったため 今までとは違う まるで プラモデルのボディーのようなボディーが完成し 新鮮ながら とても 不思議な感じです。

名実ともに まるで 大人のおもちゃ的存在であるかのように 思います。

しかしながら オモチャではなく しっかりした 真剣に製作した クルマですが・・・・・・・

作業的には 初めの予定では roadster AKI の 第一号車は ボンドモデルの製作を予定しておりましたが ドナー車両の リヤートランク部分を どの程度 残せるかどうか 確認しなければなりませんし ボンドカーのドナー車両が NBではなく NAであること 及び エンジン部分が かなり お客さまが 行った改造の際 非常に 綺麗になっている関係から 出来るだけ エンジンを汚したくないこともあり また 試作車の ボディー装着位置を 後方に 約2cm 装着したほうが良いと思っていることもございまして その改良もございますので まずは NB で 完全な クーペを製作 リヤー部分の 確実な寸法を確認しながら 何とか ドナー車のトランクルームを使用できるかどうか 確認しつつ 製作することが ベストと判断させていただきましたので まずは クーペモデル製作を行うことに致しました。

もちろん ボンドカーモデルと 同時進行で もう一台のNBの製作も進行していきますし 肝心な roadster 龍妃ファイナル の ボディーの メス型製作を いち早く 行うことで 龍妃ファイナル の 量産も可能にしていく予定で頑張っております。

先日 お話させていただきましたように すでに 龍妃ファイナル の ドナー車の改良は 11号車以降の車両が 2台 完了して待機しておりますので メス型完成後 直ちに 車両製作に入れる準備は万全です。

roadster 龍妃ファイナル に関しては メッキモールのメス型が完成しましたので 外装の表面をパテ修正で 綺麗に 凸凹が無い車体を完成させ 特殊サフェーサを塗装後 早急に メス型の 製作に入る予定です。

その際 roadster 龍妃ファイナルボディーの 5号車の お客様の ご要望もございますし 皆様に 龍妃ファイナルの 完成時に雰囲気が 試作車と どのように違うか ご確認いただく事も大切ですので ちょうど 特殊サフェーサのカラーも ホワイトですので サフェーサ塗装完了後 いったん メッキパーツ等を装着し 完成時の状態を再現させ 試作車と比較できる 写真 及び 動画も ご覧いただけるようにしたいと考えておりますので ご期待いただけると幸いです。

スタッフには 各種積層 及び roadster AKI ボディー等の製作をしていただいている間 FRPボディー完成に間に合うように 私は 一人で ドナー車である NB の ボディー改造を行っておりまして 先週 左右 サイドロッカー回り 及び リヤー周りが 無時 完成でき 週末から フロントサスペンションの移植作業 及び エンジンメンバーの改造作業を行っておりましたが 月曜日 無時 すべての作業が完了 溶接面 改造個所などに シーラー処理も完了 その後 各部に 防錆処理を施し 最終的に 錆などから保護するための チッピング塗装を施しましたので roadster AKI ボディーも 昨日 無時に 完成しましたから 待ちに待った ボディー合体が可能になる状況となっております。

ボディー装着の為に 龍妃ファイナル とは違い マッチングの為に 改良 及び 各部 ステーなどの製作が必要となりますが その作業と 同時進行で ボンドカー製作の際の 寸法確認 及び もう一台のNBのドナー車の改造作業を進めながら スタッフには 二台目の roadster AKI ボディー製作 及び 各種 パーツ製作をしていただくつもりですので 今後の展開は 見ていただくにも 楽しい作業となると思われますので ご期待いただけると幸いです。

少々 作業内容も濃く 長い動画となりましたが 作業報告動画をアップさせていただきましたので ご覧いただけると幸いです。

https://youtu.be/16hx4e4tTRU


HOME > INFO > ROADSTER GARAGE NEWS