ROADSTER GARAGE ロードスターガレージ

ミウラ・イオタ・2000GT スーパーカーレプリカのロードスターガレージ

製作ブログ

蘇る夢の軌跡

イベントに 参加させていただいて参りました。
ゴールデンウィーク休日の お知らせをさせていただきます。

ブログ

ブログ

ブログ

22日(土) 23日(日) の 二日間 中京テレビ様 主催 「Good Life FESTA」 に 出展させていただいて参りました。

搬入日の金曜日 天候が心配でしたが 曇り模様のまま 雨も降らず 無事 搬入が完了  本番の二日間は 朝晩こそ 多少 冷え込みましたが 良い天候に恵まれ 日中は 外に出ると 汗ばむ程の 良い天候に恵まれ たくさんの ご来場者さまが 来て頂けました。


クルマのイベントと違い 勝手がわからず 少々 心配しておりましたが 私も 今年 もう少しで 還暦となる身の上で 今回のテーマが 人生を楽しむための イベントであり 他の出展業者様のパワーも凄く 私自身 シニアとして いろいろなブース様で 体験をさせていただく事もでき 楽しい イベントを行うことが出来ました。


展示車両として 先日 納車させていただきました ペガサスホワイトのトヨタ2000GT が ベストと思いましたが 展示にあたり いろいろな資料が豊富な トヨタ2000GT スピードトライアル仕様を展示させていただく事にいたしました。

ご存知のように スピードトライアルは トヨタ2000GTとして 唯一 世界記録を樹立された車両ですし 2013年 トヨタ主催 「GAZOO レーシングフェスティバル」 に おきまして 日本が誇る トヨタの礎を築かれた レジェンドドライバー集団 「チームトヨタ」の 皆さまから 当社のレプリカは もちろん スピードトライアルのデスク 1/2モデルカー などに サインを頂き  その上 1966年 谷田部サーキットで 台風の中 スピードトライアルに挑戦された際に 着用されていた レーシングスーツのレプリカを 入手できた事が きっかけで その際の ワッペンも製作させていただき チームトヨタ 10名のドライバーの皆様のうち ご存命である 6名のドライバーの皆さま 全員に レーシングスーツの背中に サインを頂く事ができ なおかつ その中でも 実際に トライアルに挑戦された 5名のドライバーさま のうち 残念ながら 亡くなられた福沢様以外 全員の サインを 達成時の記念写真 二枚 と トライアル仕様のボンネット に サインいただきましたので 各々 世界に一枚しかない 記念すべき お宝であり 皆さまに ぜひ ご覧いただこうと 今回 当社の 大切な宝ですが 展示させていただく事にいたしました。

ブログ

ブログ

当日 当社のホームページを 見ていただけているお客さまも 多く ご来場いただけ 本当に うれしい限りです。

また 同時展示されていた ショップの皆様も 良い方たちばかりで 気持ちの良い イベントとなりました。


中京テレビの方々にも 大変 お世話になり 当日 朝9時半より 一時間 このイベントの 特別番組が 生中継され 当社にも お声がけ いただけ 中京テレビのトップアナウンサー 恩田アナウンサーと 石田純一様が 番組内で ご紹介していただくことが出来ましたし 撮影の合間には 出演者の 宮崎美子様も 当社ブースに ご来場いただくことも出来ました。

地方番組の為 全国区の皆様には ご覧いただけなかったと思われますが イベントのご報告を 簡単にアップさせていただきましたので ぜひ ご覧いただけると幸いです。

イベント動画  https://youtu.be/7Mm9OJxUmwc

ブログ

ブログ

作業内容といたしまして 先週末 roadster AKI roadster 龍妃 ファイナル 専用 の 新規製作中であった インパネも 完成しましたので 今週より メス型の製作に 入らせていただく予定ですし ご期待いただいております roadster AKI ボンドカーのボディーも 積層開始しておりますので ご期待いただけると幸いです。


お問い合わせいただいております ゴールデンウィークのお休みですが 

4月30日(日曜) ~ 5月 5日(金曜) まで お休みさせていただきます。

しかしながら 本来 休日扱いの 下記の 二日間

4月29日(土曜日)  及び  5月 6日(土曜日)

は 通常 営業させていただきますので 

ぜひ ご来店 のほど スタッフ一同 心より お待ちしております。

ブログ

ブログ

なお トヨタ博物館様が ゴールデンウィーク期間から トヨタ2000GT 50周年記念として 「バックヤード収納車展」として  トヨタ博物館所有の トヨタ2000GT が展示されるそうです。

お時間の都合が よろしければ ぜひ 行ってみてはいかがでしょうか?

バックヤード収納車展ホームページ

http://www.toyota.co.jp/Museum/exhibitions/data/renewal02/index.html#backyard

急な ご報告ですが 来る 4月22日/23日 イベント参加させていただきます!

ブログ

急な ご報告となりますが このたび 中京テレビ様より お誘いをいただけ 4月22日(土曜)/23日(日曜)の 2日間 名古屋市吹上ホールにて開催されます 「Goodlife FEST (グットライフフェスタ)」 という イベントに 急遽 出展させていただく事になりました。


「人生を楽しむ! 自分を磨く! 大人の祭典」 と 銘打ったイベントのようでして 中京テレビ様主催で 何と 入場料も 無料の祭典だそうで 大人の趣味性の高い展示を中心に 自動車関係では 各種 外車の室内展示 及び 会場外では 試乗もあるらしく  ハーレーダビッドソン の展示もあるそうでして 当社の トヨタ2000GTレプリカも ぜひ展示してほしいと お誘いいただけ 当社ブースの横には 同じような車種として アメリカTV番組で有名な「ナイトライダー」で 主人公が乗っていた「ナイト2000」の展示もあるそうですので 急な ご報告で申しわけございませんが お時間の都合がよろしければ ぜひ ご来場いただけると幸いです。


当社の展示といたしまして 中京テレビの担当者様の 強いご希望もございましたが 一番 完成度の高い車両を ぜひ 皆様に見ていただければと思いまして roadster AKI を 展示させていただく予定です。


急な決定で 何も準備がしておりませんが 来て 良かったといっていただける 展示内容にしたいと思っておりますので ぜひ 会場まで お越しいただけると幸いです。


イベント詳細に関しましては

イベント名 「Goodlife FEST (グットライフフェスタ)」

       ホームページ  http://www.ctv.co.jp/event/goodlife/

開催場所   名古屋市 吹上ホール
       
       〒464-0856  愛知県名古屋市千種区吹上二丁目6番3号

開催日    4月22日(土曜日) 9:00 ~ 16:00
       4月23日(日曜日) 9:00 ~ 16:00

入場料    無料

展示場所   吹上ホール イベント会場内 モーターゾーン

となっております。


皆様の ご来場 スタッフ一同 心より お待ちしております。

ブログ

ブログ

PS

4月8日 東京で 「ゴジラ」 の イベントが開催され 当社 roadster 龍妃 ファイナル シェルビーレーシング の 参加を お誘いいただけ 仲間の西本氏が 乗って参加していただけました。

その際 俳優の 宝田 明 さまには 数年前も roadster 龍妃 ファイナル ヤマハゴールド も 乗っていただけましたが このたびも シェルビー に乗っていただけたようでして 記念写真と サイン 講談社 ゴジラの「DVDコレクション」などを プレゼントしていただけました。

トヨタ2000GT リアルレプリカ 2017 各車 作業報告 No,7

ブログ

ブログ

4月3日 10時30分 roadster 龍妃ファイナル 無時 お客さまへ納車をさせていただきました。

今回 初めて装着しました 新規製作メッキモールの取り付けが 仕上がりは 予想以上でしたが 歪み修正しながらの作業が 予想以上に 手間がかかり すべての組み付けが完了したのが 3月31日でして 翌日 4月1日は エイプリルフール でもあり お客様の会社も お休みであると言うこともあり 4月3日(月曜日) 朝一番の納車をさせていただきました。

幸か不幸か 週末は 雨模様でしたが 納車当日は 気持ちの良い 暖かな晴天で 納車の際 いつものことですが 高速等を走行しておりますと 周りの皆様が 写真を撮られるなど トヨタ2000GTの 人気の凄さには いつも びっくりさせられますが 気持ちの良い 青天の早朝に 納車ささせていただけ 私の気持ちも ウキウキし 大変うれしい日を迎えることが出来ました。


とはいえ 肝心の お客さまが 気に入っていただけるか 心配しておりましたが 社長様 専務様 も 大変喜んでいただけ 以前 試作車の ヤマハゴールド車を 数か月 お貸しした経緯が ございまして 今回の車両との 完成度の違いはもちろん 各パーツの仕上がりから スタッフ一同の気持ちが入っていることが判っていただけ お褒めの言葉と共に 社長様が すぐに 敷地内で 試乗していただけ 予定では すぐに EV化されることになっておりましたが しばらくは このまま ナンバー登録して 社長様が乗っていただける話となりました。

また 宣伝用にと とりあえず 3台のご予約をいただいており 完成度によっては 本当に ご購入いただけるかどうかは心配しておりましたが 改めて 正式に 残り2台の製作も ご依頼いただけ 本当に嬉しい限りですし すぐに EV化しては もったいない とまで言っていただけ すぐに ナンバー登録して乗りたい と言っていただけ 製作者として 本当に嬉しい限りです。


今回は 岐阜県に納車させていただきましたので 岐阜市内を 元気に走る姿を お近くの皆様には ご覧いただけると思います。


思い出せば トヨタ2000GTリアルレプリカ 1号車である フェアレディーS30をベースで製作した roadster AKI―Coupe 製作にあたり 本物のサイズなどを確認させていただく為に 知人のカーショップオーナー様に 後期型 トヨタ2000GTを お貸しいただきたいとお願いをしたのが 2008年 4月1日であり 翌 4月2日に 積車で長野県まで トヨタ2000GTを貸していただきに伺った経緯がございまして 丁度 9年の歳月が経ちましたが また 記念すべき日を迎えることが出来 大変 うれしく 思っております。

納車にあたり 内装 や サイドブレーキなどは EV化の為 少々 通常仕様とは 形状が違いますが 車両紹介動画を製作いたしましたので よろしければ ご覧いただければと思います。


Roadster 龍妃ファイナル 車両動画

https://youtu.be/2BsbYfkCqiU

ブログ

ブログ

今週は 今回の納車の為 作業が 少々 止まった状態でしたので 各車両の作業を開始させていただいておりまして もう一台 今回の車両と同じ roadster 龍妃ファイナル も リトラヘッドの装着が 完了すれば 塗装作業に回すことが出来ますので あと 数日で 完成できる状況まで 作業進行できました。


また 製作中の roadster AKI ボンドカーのメス型も 充分 乾燥したと思われますので メス型の離脱も行っております。


無時 ほとんど マスターモデルも 損傷することなく 綺麗に メス型の離脱が出来ましたので 即時 メス型から 車体製作の FRP積層作業も開始させていただいております。


マスターモデルは せっかく 破損することなく 離脱作業が完了することが出来ましたが マスターモデルは ウレタン製ですので あくまでも 形状のみであり 使用は出来ませんので もったいないですが ウレタン部分は 撤去させていただき パテ装着部分なども 確認の上 大きめに カットした上で メス型を 再度 この車両に装着し  今回 新規製作しました ボンドカー形状となる部分を FRP積層して 一体化させていただくことで 改めて しっかりした ボンドカーボディーを 完成させていただく所存です。

すでに トランク部分は メス型が完成しており 完全硬化をさせるため すでに 積層作業も完了 メス型に貼ったまま 充分 こちらも乾燥しており ボディー完成時には 即 トランクも装備可能となっておりますので roadster AKI ボンドカーも ご期待いただけると幸いです。

Roadster AKI の 各種ガラスも 無事完成できる環境となってきましたので 2号車のroadster AKI も 完成を目指し 同時進行で作業させていただいておりますし ガラスが完成次第 この2号車にて NBベースのroadster AKIとして 日本車両協会にて 車体歪み検査を受けさせていただく所存ですし 多分 同時期に 今回の roadster AKI ボンドカーも これは NAベースの為 別途 車体歪み検査が必要となりますので こちらも 同じく 日本車両協会にて 検査していただく所存です。


年初めから 公私ともに バタバタしておりますが 仲間の皆様のご協力もあり 同時進行で 量産に向け 良い方向へ進んでおり また 今回の納車で 本当に喜んでいただけ 製作意欲も 湧き上がる思いですので 今後とも ご支援のほど よろしくお願いいたします。


今週の作業動画をアップさせていただきました。

ぜひ ご確認いただけると幸いです。

https://youtu.be/aYluR_SgIXk

ブログ

ブログ

ブログ

roadster 龍妃 ファイナル 完成しました。

ブログ

ブログ

ブログ

今月は 3月 自動車業界では 「年度末」という 一年で一番 陸運事務所も 忙しくなる時期で ございましたが 何とか roadster 龍妃 ファイナル も 無事 納車させていただける事となりました。

ところが 当方の あってはならない ミスなのですが すでに べース車両購入済みの製作予定車両である 約10台の分は すべて 公認申請の書類申請を すでに行い 合格しておりますので 当然 今回の車両も 合格済みであると思っておりましたが この車両のみ 以前 当社スタッフが乗っていた車両であった為 申請がしていなかった事を すっかり忘れており 未申請であることが発覚 大慌てとなりました。

何と 気づいたのは 3月に入ってからのことでして 慌てて 陸運事務所に出向き 公認書類申請し 通常であれば 一週間から 10日程度で 過去の実績もございますので 合格なのですが そこは 年度末である ということで 陸運事務所としても 非常に 忙しく 書類を確認する時間が無い為 簡単にはいかず 合格が 月末近くなってしまうという話となり 慌てましたが お客様に お詫びし ご理解いただき 何とか 無事 陸運事務所さまの ご好意もあり 予定よりも早く 24日に 公認書類申請も合格 27日に 合格書を受け取り 早速 陸運事務所が パニック状態となる 3月の月末に近い 28日 午前中 最終の車両検査を受けられる事となり 無事 一発で 合格することが出来ました。

合格後 帰社して ただちに ガラス周りの 新規製作させていただきました メッキモール装着をしましたがなにぶん FRPで製作後 真空蒸着メッキ加工した関係上 どうしても モール自体が 細い為に ヒネッて しまいますので そのヒネリを修正しながら 確実に装着する作業が 少々 手間取りましたが 先日 無事完成 納車させていただくことが出来ました。

今回の車輌は 実は 当社にて 予備検査合格状態で 納車させていただいた後 全く 新しい設計の EVモーターを開発された会社様が 宣伝・展示・試乗用として 3台 購入いただけた車両の一台である為 エンジン車から EVに改造され EV公認車両となる車両でして EV車とするために インパネのウッド部分などが 皆様に 納車させていただく車両とは 異なりますので しっかりは お見せできない事情がございますので 作業動画等も 内装に関しては 一部 お見せしておりません事を ご理解いただけると幸いです。

また 購入いただきました 会社様の デモカーとして 後日 発表されると思われますので その際に しっかりご確認いただければと思います。

ブログ

ブログ

ご期待いただいております 最終改良版 新形 roadster 龍妃 ファイナル の ボディー表面の手直しも フェンダーサイドボックスの位置が 少々 ずれている事が発覚 その部分を手直しする事となり 予定よりも お時間を頂く事となりましたが もうすぐ 完成して参りますので ただちに メス型の製作を開始させていただける環境となっております。

朗報ですが 今回から さらに 車両の完成度が上がる状況となっております。

と申しますのは FRP樹脂での ボディー製作の場合 どうしても 全て 化学反応となり 容易に 製作は可能ですが 完成後の 変形が 一番の問題となっておりました。

どうしても FRP積層後 一週間は 第一次硬化の為 変形が著しく起こるため メス型からの離脱は不可能ですし その後も 変形は起こるので 本来は 3ヶ月以上は メス型に入れたままにしたいところですが 生産効率から そのような期間は 無理ですので 当社では 早めに製作しておき 一ヶ月以上は メス型からの離脱は行わず FRP繊維の積層枚数が 少ないほど 変形が大きい事もあり 充分な 枚数を積層する事で 頑丈な 変形に強いボディーを目指しておりますが 化学反応は 実は ずっと継続される為 完成後の変形も 試作車等で どうしても発生してしまう事を 確認しておりますので 何とか 変形が起きない樹脂 または 製作方法が 無いものかと いろいろ 調べたり 四方八方へ 問い合わせを行っておりました。

通常のFRP樹脂は 第一次硬化の後 完全硬化後も 一生 変形を起こすのですが 特に その要因は FRP樹脂が 製品完成後も 67度で 変形しやすい状態になる性質である ということが 一番の要因でした。

たとえ 車両製作の際に 硬化し 一旦 変形が 収まったとしても 塗装の際の パテ 及び ウレタン塗料が 塗られる事で FRPが刺激され 変形しやすくなる上に ウレタン塗装の乾燥の為 遠赤外線で 表面をあぶる最終段階で 約80度に 熱せられる事で 確実に変形が発生してしまいます。

また そこで 変形が終了するのではなく お客さまに 納車させていただいた後も 特に ボンネット・天井・バックドアー などは 夏場 日中の温度にも よりますが 最高 約90度近い温度まで 熱せられる事で 変形が著しく起こりますし ましてや ボンネットの場合 エンジンが 下にございますので 確実に変形を起こしやすい環境となるわけです。

この状況は FRPでの 製作の場合 どうしても 回避できない問題でした。


また よく 作業報告において FRP積層の際 細かい エアーが残らないように しっかり ローラーで エアー抜きを行うと記載しますが これも 実は 温度の問題もあり 空気は 熱による膨張係数が大きい為 FRP繊維が 変形しやすい上に FRP繊維の中に エアーが残っていると 温度で エアーが膨張し 変形を著しく 助長する事が考えられますし 強度も 落ちてしまう為 しっかり エアー抜きを行っている次第です。

このような事情から 何とか 変形を回避する術は 無いものかと 常々 思っておりましたが 仲間の業者様から 先日 とても良い情報が 入って参りました。

その情報とは 同じ悩みを抱えてみえる方も多いらしく ある会社が FRP樹脂ですが 変形開始温度が 何と 130度まで耐える 画期的な樹脂を製作されていることがわかりました。

67度では どうしても 問題回避は不可能ですが 130度であれば 遠赤の灯火温度よりも高く 真夏の温度 エンジン加熱にも 充分 耐えることができ 変形が回避できるという事となります。

また 新製品ではなく すでに 実績もある樹脂であるとお聞きし 製品用樹脂ばかりではなく メス型専用樹脂もあるという とてもうれしい情報で 早速 roadster 龍妃 ファイナル の メス型は この樹脂を使用させていただく事といたしました。

当然 製品も この樹脂に変更したいと思い ただちに発注 すでに 試験製作も終了 温度による変形の確認も終了しておりまして 期待通りの結果が出ましたので 今後の製品製作は 全て この樹脂で 行わせていただくことにいたしました。

このFRP樹脂が 一般化しない要因は やはり 単価が高いということに つきますし 通常の常識では このような高額な樹脂は 自動車製品には使用しないのが一般的であるという観念から 情報が入りづらかったようです。

しかしながら 当社の考えとして 納車後の変形は あってはならないと考えておりますし お客様にとっても そのような事は もちろん あってはならなく 耐えられないことですので 迷わず 今後は このFRP樹脂での製作を決定させていただきましたので 皆さまにも 必ずや 喜んでいただける事と思っております。

Roadster AKI の 全てのガラスの新規製作 及び 同じく フロントウィンドー と 左右ドアーガラスを 共有する 新形 roadster 龍妃 ファイナル のガラスですが
一番 入手が困難で 困っておりました トヨタ2000GT のドアーガラスも あるルートで オリジナルが入手可能となり 新規製作が 出来る状況となりましたので ガラスのほうも 製作を 全て 開始できる運びとなり 製作発注させていただきました。

また 各メッキパーツも 今までは 当社で FRP製作の後 真空蒸着メッキ加工を 施して参りましたが どうしても 手作りのため 個別の若干の違いは 避けられませんし 一台一台 ボディーとの 隙間調整を行っており 生産性も 良くございませんでした。

ならば スチール製作した場合は と申しますと 錆の発生の問題 プレス型費用の高額問題などがございまして 実際上 すぐに導入は 不可能な状況です。

しかしながら 別の方法での製作が可能なことがわかり この方法であれば 短期間に 大量の製作が可能であり メス型製作の際のコストも スチールのプレス型とは 比べものにならないコストダウンが図れますし 何よりも 製品の安定化が図れ メッキが錆びたりしない事が 一番の魅力であり 最終的には コストダウンも期待できますので こちらも 皆様に喜んでいただける事と思い 現在 見積もりをお願いし 資金確保の際は ただちに 製作に 入らせていただく所存ですので ご期待いただけると幸いです。

このように 見た目では わからない内容ですが 製作樹脂の変更 各パーツのクォリティーアップなど 今後も 精進して 良い車両完成を目指してまいる所存ですので 今後とも ご支援 ご協力のほど よろしく お願いいたします。

このたび 納車させていただきます roadster 龍妃 ファイナル の公認に関する 確認動画をアップさせて頂きました 公認書類で 正規公認 予備検査合格を取得している事が お分かりいただける内容となっておりますので ぜひ ご確認いただければ幸いです。

roadster 龍妃 ファイナル 公認 完成車両動画

https://youtu.be/dlUCqfsCh6I

ブログ

ブログ

追伸

先回 仲間のご協力があり 瑞浪YZサーキットに起きまして roadster 龍妃 ファイナル の 走行テストを行って参りました。

Roadster 龍妃 の場合 前輪加重と後輪加重比が 理想といわれる 50:50 である事から 非常にバランスが良く 何とか ドリフト走行的なことも確認したいと思い LSDも 仲間の整備士さんに 組み込んでいただき 各ドライバーが挑みましたが 車体が安定しすぎの為 派手な ドリフトにならず エンジンも 10万キロ以上走っている ノーマルである事もあり パワー不足でして パワーでの 無理やり滑らせる ドリフトも出来ず 迫力負けでしたが 車体の安定性 頑丈さは ビックリするほど 確認でき それはそれで 良かったと思っております。

仲間が 今回の走行会は 久しぶりでもあり 凄く 楽しみにした関係もあり 悪乗りですが ドローン撮影も お願いし 各自 カメラを持って撮影した関係上 データが多く いまだ 忙しくて サーキット走行は 編集できておりませんが サーキット走行後に 遊びで 行った クルクル走行動画は 何とか 編集できましたので ぜひ こちらも ご覧ください。

自走で 高速道路使用にて サーキットへ行き 走るだけ走った為 タイヤは 4本全て ツルツルとなり 現場で タイヤを 全交換し 自走で 帰社しましたが 何のトラブルも無く 安定した走りのまま 終了でき 満足しております。

これだけ 安定した車体であれば 自信を持って 皆様へ お届けできると確信しておりますし 特に 山道などのコーナー性能は ピカイチですので 機会がございましたら ぜひ 御気軽に ご来店いただき 直に 試乗していただき ご体験いただけると幸いです。

オマケですが 机の中を整理していたところ 当社のレプリカ製作のきっかけとなった コーヒーのオマケの トヨタ2000GTのオモチャが見つかりました。

今 見ると よくも こんな小さな オモチャを片手に roadster HIROSHI を作ったものだと 我ながら 笑ってしまいました。

よろしければ ご覧ください。

roadster 龍妃 ファイナル YZサーキット クルクル走行動画

https://youtu.be/XElAPOlCHW4

ブログ

ブログ

3月 初めの 作業方向をさせていただきます。

ブログ

3月に入りましたので 週末までの 作業報告をさせていただきます。

皆様 今回 組み付け中であります roadster 龍妃 ファイナル を 大変 高く評価していただけており 多数のお問い合わせは もちろん 実際に 見る為に ご来店いただける お客様も多く 非常に期待していただけていることが 今まで以上に 実感として わかると共に お待たせしており 納車が なかなか 出来ずにおりましたので 納車開始一号としての 皆さまの期待の大きさを 非常に感じながら ありがたい 一心で 良い車両を完成させようと スタッフ一同 心をこめて 組み付け作業を行わせていただいております。

また 組付けしております スタッフ一同も 皆様同様 トヨタ2000GTが 大好きな人間ばかりですので 組み付け作業も 仕事というよりは マニアックな 楽しい 作業であり 真剣に 心をこめて 一つ一つ 作業しておりますので 作業時間的には 採算が取れないと思うほど 慎重な作業ですが 必ずや 良い仕上がりになると信じております。

ブログ

今回の車両から トヨタ2000GT オリジナルカラーであります ペガサスホワイトで仕上げさせていただいており 昭和っぽい 若干 白というよりも 薄いベージュといったカラーですが このカラーは 不思議なほど 落ち着いた 気品のある 良い車両に見えるカラーでして 塗装前の塗料だけを見た時は こんなカラーで 本当に 良いのか? と 思うほど 白っぽさの無いカラーで 心配しましたが そんな心配など 飛んでしまう ほど 非常に良く この トヨタ2000GTのデザインに マッチした カラーであり 白っぽくない事で よりメッキパーツの 美しさが映える すばらしい カラーであると ビックリしております。

カラーデータを得るにも いろいろ 苦労して 調べた甲斐がございました。

いつも思うのですが メッキパーツが付く事で 一瞬で 貴婦人に 生まれ変わる容姿は 驚くばかりですし 日本独特のフェイスも素晴らしく 本当に 綺麗なデザインである事を 見慣れているにも関わらず 常に 再認識させられる 素晴らしいデザインですので 半世紀を過ぎても 人気が耐えない理由は 当然であると思いますし 日本の代表する車であり 他を寄せ付けない 素晴らしいデザインのクルマだと思います

ブログ

ブログ

試作車であり メス型を取る マスターモデルであった 新型 roadster AKI も 無事 全塗装が完成しております。

現在 展示場に 納車後 スペースの問題で収納しておりますので 動画の最後で ご覧いただけますが この車両も オリジナルカラーである ペガサスホワイトで 全塗装しておりますため 今までの roadster 龍妃 試作車などで塗装しておりました ホワイトよりも 一目でわかる程 ベージュっぽいカラーでありますので ご確認いただけると幸いです。

ブログ

ブログ

ブログ

この車両の組み付けは お客さまの車両製作が 優先ですので 作業の合間を見ながら ゆっくりと 組みつけて参りますし 完成後は 皆様に乗っていただき 外見・内装の完成度はもちろん 実際に試乗する事で その安全性の高さ 実用性の高さ を実感していただきたいと思っておりますし roadster 龍妃 ファイナル 同様 プロドライバーによる サーキット走行などを行い 操縦性 安全性のテストを繰り返してまいりますので ご期待いただければと思います。

先日 塗装屋さんに出させていただいております 新型 roadster 龍妃 ファイナル の ボディー調整も 今月 中旬 完成を目指して 頑張っていただけており 完成次第 メス型製作に入る所存でして メス型 完成の際は 8号車・9号車は 現在 すでに 改良版ですが 新型と違い roadster AKI の フロントウィンドーを組み込んでいない 今回の組み付け車両と 同じボディーが 車両に装着された状態で 第一工場に 待機している状況ですが これら 二台の車両用のボディーを 最優先で 製作させていただき 今ならば ボディーの載せ替えが可能ですので 新型 roadster 龍妃 ファイナル ボディー装着の上 完成させていただく予定でおりまして お客さまも ご期待いただけている状況です。

先日の 作業報告から 日が浅く たいした内容ではございませんが 皆様のご期待もあり メッキパーツが 装着されましたので 作業動画をアップさせていただく事にいたしました。

ぜひとも ご確認の程 よろしく お願いいたします。

https://youtu.be/dIptE-JLqzE