ROADSTER GARAGE ロードスターガレージ

ミウラ・イオタ・2000GT スーパーカーレプリカのロードスターガレージ

製作ブログ

蘇る夢の軌跡

トヨタ2000GT レプリカ roadster AKI ボンドカーモデル 車体合体 完了しました。

ブログ

ブログ

ブログ

ブログ

ブログ

ブログ

5月16日 トヨタ2000GT 生誕50周年記念日に 中日新聞様の朝刊の記事から
 ビックリするほど 慌しい 一日が始まり あっという間に 一週間が 経過してしまいましたが その反響の大きさには ビックリさせられるばかりです。


しかしながら ご来店や ご連絡を いただきましたお客様の ほとんどの方が 記事を見られるまで 当社のことを ご存知でなかったようで まだまだ 知名度は低いと 再確認する事になりましたが 初めて 知られた にもかかわらず ご契約 ご商談をいただけ 本当に感謝するばかりです。


このような状況でしたので 先週は 私は お客様の対応で ほとんど 現場の仕事が出来ない状況でしたが スタッフが その分を カバーしていただけ ほぼ roadster AKI ボンドカーの ボディー固定作業が完了することが出来ました。


また roadster AKI ボンドカーの トランクインナーパネルのメス型も 無事完成しましたので 充分な乾燥時間をかけて保管するつもりでして インパネも 最後の面の メス型 製作に入っておりますし センターコンソールのメス型も完成しており 順次 完成の後 変形防止の乾燥期間を保持しながら 順調に作業進行できるように ナガラ作業を行いつつ スタッフ一同 頑張って 製作させていただく所存です。


昨年は 1966年10月1日 ~ 4日 の トヨタ2000GT スピードトライアル耐久記録樹立から 50周年を向え 無事 roadster AKI スピードトライアルを その記念日に 納車させていただけましたし 先日の トヨタ2000GT 生誕50周年記念日には roadster AKI の ガラスが完成 新聞記事にもしていただけ 当社的には 記念すべき 日となり 嬉しいばかりです。


来月の 6月17日も 映画 007 「007は二度死ぬ」 の 封切日 1967年 6月17日 から 50周年を 迎える記念日であり このところ トヨタ2000GT に関わる 記念すべき 50周年が 多く 他の 皆さんから 今もなお 好かれている 日本の名車のクルマも 多く 50周年を迎えており 半世紀前 日本中が 高度成長のさなか クルマが 一番 クルマらしく 夢のあった時代だった思いますし 半世紀が過ぎ クルマに夢が亡くなったとは申しませんが 移動手段としての 維持費優先の車になってしまっているようで 悲しい思いもいたしますし ほんの一部でも良いと思いますので 夢を持てるような 車を作って 皆様と共に 楽しい自動車ライフを実現できればと 思うばかりです。


ほんの少しで申しわけございませんが 先週までの 作業のご報告をさせていただきました

ぜひ ご確認 お願いいたします。

https://youtu.be/qp1Lqoulmvs

ブログ

ブログ

2017年 5月 16日 トヨタ2000GT 発売開始 50周年記念日 おめでとうございます!

ブログ

ブログ

ブログ

ブログ

本日 2017年 5月 16日 は トヨタ2000GT が 発売開始をされた 1967年 5月16日 から 50周年を 迎える 記念すべき日となりました。

現在 トヨタ2000GT の究極的 リアルモデルカーである roadster AKI 及びroadster 龍妃 ファイナル を 量産させていただく状況となっておりますが 残念ながら この良き日に 特別な予定も 完成する車両もございませんでしたが 先日 今週中に 完成予定の roadster AKI 専用 ガラスの試作品が完成し 到着予定ではありましたが 今日の良き日に 納品されると ご連絡をいただけ 楽しみにしていたと同時に このガラス完成のご報告を 皆さまに させていただき 記念日を お祝いしたいと思っておりました。

しかしながら 昨晩遅く 届いたメールを 早朝 確認させていただいたところ 先日 中日新聞様から ご連絡いただけ 取材をしていただいておりましたが 登載日は 未定であり たぶん 地方版の記事となると思っていたにもかかわらず 本日の朝刊の 3面記事として 登載いただけるという内容のご連絡を頂き 50周年の記念日という事もあり 大変 ありがたく思っておりました。

ビックリしたのは 早朝より 初めてのお客さまの ご来店から始まり 昼食が取れないほど 多数の お電話のお問い合わせは もちろん 他県からのご訪問も多数いただけ 一日中 ご説明をさせていただく状況となり 新聞の影響力の凄さには あらためて ビックリさせられてしまいました。

その上 真剣な商談も 一件 いただけましたし 他県からの 初めてのお客さまからも ご来店いただけ 契約のお約束をいただけましたし そのほかの お客様からも 来店のお約束などもいただけ 先ほど 確認させていただいたところ メールでの お問い合わせも ビックリするほど多く 本当にありがたいばかりですし あまりの反響で  身に余る思いです。


また 試作が完成しました roadster AKI の 全てのガラスも 車体に合わせたところピッタリ マッチして 心配しておりました 曲線のきつい フロントウィンドーなどの 歪みも無く 見事な完成度であり これで 量産が決定でき 本当に 良き 50周年記念日となりましたことは お客さま各位を 始め 関係各社の皆様 の おかげと 心より 感謝いたします。

その上 嬉しいことは続き 数年前 スタンレー電気様の専用車の製作をさせていただきましたが 無事 リース完了の年となり 先日 次回の 専用改造車両製作のお話もいただけておりましたが 先回の問題点等を 打ち合わせさせていただき 新規 改造車両の見積もりを提出させていただいておりましたが 本日 正式に 受注させていただくご連絡も 頂くことが出来 ご依頼車両製作も決定いたしましたので 多方面において 本当にありがたい お話ばかりで 本当に 当社にとって 良き日となりました。

終日 私は お客さまの対応で 作業を行うことさえ 出来ない日でしたが その分 スタッフが 頑張って 作業進行させていただき ボンドカーは もちろん 同時進行中の 二号車の作業 トランクインナーパネル 及び インパネ センターコンソールの メス型製作作業も 順調に進行できておりますので 簡単ではございますが トヨタ2000GT 50周年記念日のご報告を アップさせていただきましたので ぜひ ご覧いただけると幸いです。

ご報告動画 https://youtu.be/RitAR9Cx4mk

本年度は お客さまの車両製作に励み 50周年記念車両として 納車に励む 所存ですので これからも ご理解 ご支援のほど 心より お願い申し上げます。


2017年 5月 16日 トヨタ2000GT 発売開始 50周年記念日

おめでとうございます!

そして ありがとうございました!

ブログ

ブログ

トヨタ2000GT roadster AKI ボンドカー 車体合体完了しました

ブログ

ブログ

今週末までの 作業報告をさせていただきます。

今回の roadster AKI ボンドカーは 想像以上に 皆さまが注目していただけているようでして 毎日 色々な方々から 数多くのお問い合わせ や ご来店をいただけ 実際に ご覧いただけた皆様からは まだ 黒ゲルコートの状態でありながら 「カッコイイ」 とか 「この車なら欲しい」 等 高評価をいただけ 嬉しい限りです。


トヨタ2000GT の ボンドカーは クーペモデルが 素晴らしいデザインであることから 賛否両論でして バランスが悪いなど 評価が分かれるのですが この製作途中での状態にもかかわらず 高評価をいただけるということは 全体のバランスが良い証拠であり 何よりも オーラというか 素晴らしい 独特の雰囲気を 醸し出している証拠であり 自分で製作していながらも この車両は 自分でも 乗りたいと思わせてくれるクルマであり たぶん 自分の作品として 自信をもって 発表させていただける 代表作になると思っております。

Roadster AKI は まだ 専用のガラスが完成していない状況の為 試作車 及び スピードトライアル 等 完成車はございますが いまだ ガラス装着が出来ない関係から 車体歪検査を受けることが出来ず 正式な公認合格が出来ていない状況でして 公認申請書類は完成していても 車体歪検査に合格しない限り ナンバー取得が出来ませんでしたが この度 待望の ガラスの試作品が完成する状況になり 予定では 来週中には 試作品が完成してくる予定でして 完成後 2号車 及び 試作車 に 装着して マッチングを確認 問題なければ 即 量産に入る予定ですし ボンドカーも 天井カットを行った状態ですし 変形が心配ですので 今回の試作品のガラスを装着して ひねり等がないことを確認した上で 最終的な フロントウィンドー周りのインナーを完成させようと思っている次第です。


FRPは いつも お話させていただくように 変形が起きやすい素材でして 少々 ボンドカーの フロントウィンドー周りは 固定用のステーを 装着してあるとはいえ 変形を心配しておりまして 少しでも負担が無いように リヤーボディー積層の際も ボディーを立たせて積層するという 手法をとったのも 変形防止の為でした


実際上 今回のボンドカー製作にあたり 天井カットを行いましたが ボディー自体を 変形しない様に 充分な積層枚数で製作したにもかかわらず 車体と合体するにあたり 各部の寸法を確認したところ かなり フロントが下がった状況で変形が起こっており 固定作業の際 2号車の寸法を確認しつつ 車両に 固定させていただき 変形を修正させていただいております。

このような変形が発生する事は 想定内でしたので 2号車の作業を ガラスが無かったこともありますが 少々 ストップした状況にして しっかり乾燥させて置き ボンドカーと同時作業で 2台同時完成を目指す所存ですので 今回の ボンドカー製作にあたり 各部の寸法確認を 2号車で行いながら 次週から 2号車の車体合体作業を行わせていただきたいと思っております。


今週は ボンドカーのトランク内の改造を まず 行わせていただきました。

Roadster 龍妃ファイナルの ボンドカーは 基本的に ユーノスロードスターの トランクルームを そのまま確保した為 サイズ的問題は ございませんでしたが roadster AKI の場合 オリジナルのトヨタ2000GT ボディーの為 かなり 小さく 実際に ボディー装着したところ リヤーサイドメンバーが かなりの存在感であり ほぼ トランク収納スペースが 確保不可能であることが判明 特に 右リヤー部に 装着する バッテリーの収納が問題となりました。

ノーマルのまま サイドメンバーを残した場合 バッテリーの交換さえ不可能な状況ですし トランク収納スペース確保は どうしても必要でしたので 右側サイドメンバーをカットして 強度確保の為 カットしたサイドメンバーの内面に 角アングルを入れて強化した上で メンバーの下側に 10cm角のアングルを装着加工して 収納スペースを確保いたしました。


今回の改造で スペアータイヤを収納した状況でも 充分な 収納が可能になったとおもわれますし トランクフロアーを 骨格は鉄骨で製作しましたが パネルは FRPで製作する事で 車体に一体化も同時に行え 充分な強度確保が出来ると思っております。


また フロントピラーも roadster 龍妃ファイナル は オリジナルのピラーを そのまま使用いたしますが roadster AKIの場合 それは不可能でして 新規製作して装備する必要がございますが ドアーヒンジ装着の際 充分な強度を確保したく FRP積層の厚みが ヒンジ装着の際 どうしても 悪影響を与えやすいことから オリジナルのフロントピラーをカットして 新規製作するフロントピラーに 移植させていただき 装備する事で 強度確保する方法をとることに致しました。


この方法であれば オリジナルと同じ 強度が確保できますし 最善の方法なのですが なかなか 難しい作業でもあり 定位置に固定できるようにするのは 大変でしたが 無時 固定することが出来ました。

ブログ

Roadster AKI ボンドカー専用のトランクパネルの インナーパネルのマスターモデル製作も 予定通り 無時 完成を迎え 最終で 剥離剤の添付も完了いたしましたので 来週中には メス型が完成できると思われます。


今回の トランクインナーパネルの形状は オリジナルと言っても 本物自体が 映画撮影用の 試作車両ですし 写真は確認出来ましたが その形状は 試作車らしい あまり 形の良いモノではございませんでしたため フードパネルのインナー形状に似た形状にさせていただきましたが 良い 雰囲気に仕上がったと思っております。

ブログ

ブログ

製作中の roadster 龍妃ファイナル も 無時 塗装前の製作作業は 完了いたしました為 次週から 塗装作業に無事 入る段階となりました。

いつも なかなか 難しい ガソリン吸入口も 無事に完成 ガソリンタンクへの供給ラインも 綺麗に完成させることが出来ました。

ブログ

ブログ

ブログ

ブログ

ボンドカーの 車体合体が完了 来週から 2号車の車体合体作業に入ることもあり 3号車の積層も 一部は完成しておりましたが 各フェンダーパネル等の製作はしておりませんでしたので 同時進行で 製作開始させていただいております。


Roadster AKI の ガラス完成により 量産化が 一気に進行できることになり 来週の ガラス完成が 本当に楽しみです。


Roadster AKI インパネのメス型も 順調に進行しておりますし 今後の進行を ご期待いただけると幸いです。

とり急ぎ 週末までの 作業動画を アップさせていただきましたので ご確認 お願いいたします。

作業動画

https://youtu.be/7sYANFX1wVs

次週は 待ちになった ガラスの試作品をご紹介させていただきますので ご期待ください。

roadster AKI ボンドカー 無時 メス型から 離脱 完了いたしました

ブログ

ブログ

ブログ

ブログ

ご期待いただいております roadster AKI ボンドカー の メス型を 無時 離脱させていただきましたので ご報告させていただきます。

トヨタ2000GT リアルモデルカーの 最高峰として roadster AKI クーペモデル を 発表させていただきましたが オープンモデルである ボンドカーモデル は 試作車として 製作させていただく時間も無く お待ちいただいている 皆様の車両製作を 最優先するべき状況下でしたが 幸運にも 協賛者 10号車の 森様が roadster AKI 発表時 すぐに roadster 龍妃ファイナル から roadster AKI へ 製作車両の変更をしていただけ そのうえ ボンドカー マスターモデル として ご協力いただけたおかげで 試作車を兼ねて ボンドカーを製作させていただけることとなり そのお気持ちに答える 気持ちも強く 絶対に 気品のある 完成度の高い ボンドカーを完成させていただく 意気込みで この度は いつもにまして 当社の技術を すべて 出して製作させていただいております。

くしくも 今月は 1972年 5月16日 が トヨタ2000GT 新車発売日でもあり 記念すべき 発売 50周年の月でもあり また 来月 6月も 1972年 6月17日が 007シリーズ映画 「007は二度死ぬ」 の 日本公開日でして 同じく 50周年を迎えるなど 今年は トヨタ2000GT として 色々と 記念すべき50周年を迎える年でして 昨年 1966年 10月1日 TOYOTA2000GT スピードトライアル 72時間耐久レース 50周年記念日に roadster AKI スピードトライアル車両を 納車させていただけたこともあり 半世紀を迎えるにあたり 恥ずかしくない 完成度の高い 各 トヨタ2000GT リアルレプリカを 完成させていただきたいと思っておいます。


また ボンドカーに続き roadster AKI 6号車は お客さまのご要望で シェルビーレーシングを 製作させていただく予定でして 当社 試作車は 赤ボンネットの ゼッケン 33番ですが 今回 製作させていただく 6号車 roadster AKI は シェルビーレーシング仕様 青ボンネットの ゼッケン23番のご注文でして 今年度中には 納車させていただく所存ですし 現在 最終段階となっております roadster 龍妃ファイナル も 改良最終バージョンが 5号車のお客様の ご厚意で 今回の ボンドカー同様 マスターモデルとして ご協力いただけましたおかげので 無時 完成度が上がった車体が 完成させていただく事が出来 同じく 量産に入れることになり 長い間 お待ちいただきながら 多大な ご協力をいただけました お客様方のおかげで ノーマル車両は もちろん 色々な 記念車両も お客さまの車両として 完成させていただける事は 本当にありがたいことであり 50周年記念の この年に おひとりでも多くの お客さまへ 納車させていただける事を 最優先に 頑張らせていただく所存ですので ご期待いただけると幸いです。


マスターモデルとして製作させていただき ボンドカー メス型を 無事完成させていただきました 森様車両を 完璧な車体にする為 連休前に ボディー積層させていただき ゴールデンウィークを利用して 充分な乾燥期間をおいておりましたので 昨日 仕事始めより メス型の離脱作業に入らせていただきました。

もともとは クーペモデルの為 左右 クォーターパネルの上方部分から上を ボンドカーモデルへ変更しました関係上 トランク部分は 新規製作させていただき 左右 クォーター部分は 上方部で FRP積層で合体させる作業の為 合体部の段差が発生する事を 心配しておりましたが 段差も無く 綺麗に完成する事も出来ました。


また ボンドカーは 写真では よくわからないのですが 実は トランク上部が 単純なラインではなく 各部が 多方面に 微妙な丸みを帯びた 複雑なラインの集合体でして 走行動画などのボディーラインの影を よく ご覧いただくと判っていただけるのですが その複雑なラインが この上もない 気品のある 綺麗な車体を演出しており このラインを 少しでも間違えると バランスが崩れ 不自然なオープンカーとなってしまう 非常に 怖い車両である事が 判っておりましたので 今回の車両改造にあたり すべてにおいて この丸みを最重要課題として製作させていただけましたが メス型から 出てきた車体が 想像通りのラインが出ており 満足できる完成度であり この状態で 綺麗なラインですので オリジナルの ペガサスホワイトに 塗装させた際は 必ずや 気品に満ちた 美しい車体になると自負しております。


メス型離脱後 直ちに 車体に乗せる作業を行いましたが 事前に エンジンルーム(今回は すでに お客さまがエンジン改良済みです)を 防錆処理も兼ねて タイチップ塗料で ブラック塗装させていただき その際 カット部各部 及び 左右 ロッカー部分なども 同様に 塗装処理させていただき ボディー合体させていただきました。


今回の ブラック塗装は タイチップスプレーで試行しておりますが 最終段階で 再度 防錆処理 及び ウレタン塗料で ブラック塗装を施しますので あくまでも ボディー装着の為に 塗装処理不可能になる個所が無いための 第一段階の防錆処理として 考えて処理させていただきました。

今後 各部の位置合わせを行いつつ 確実な ボディー固定作業に 入るにあたり roadster AKI 2号車は クーペですので 二台 同時進行で作業する事で 今回のボンドカーは 天井カットの為 寸法が ズレてしまう事が無いように クーペモデルを お手本に 寸法確認を 確実に行いながら 固定させていただくつもりでして 今月半ばに ガラスの試作が完成してまいりますので そのガラスを使用して オープン化した フロントウィンドーの位置確認も確実に行い roadster AKI クーペモデル 及び ボンドカーモデルが 同時に完成できることを目標に製作させていただきますので ご期待いただけると幸いです。


メス型離脱 及び ボディー装着のみの 動画ですが アップさせていただきましたので ご確認のほど よろしくお願いいたします。


https://youtu.be/mfEmkFGMWTc

ブログ

ブログ

ブログ

ブログ

ゴールデンウィークは いかが お過ごしでしょうか?

ブログ

ブログ

ブログ

遅くなりましたが ゴールデンウィーク前の 作業報告をさせていただきます。


今年のゴールデンウィークは 天候も良好で 皆さま いろいろ 楽しい思い出を 作られたと思いますが いかがでしょうか?


公私ともに バタバタで ゴールデンウィークを迎える事となりましたが この長い お休みを 有効活用できるように 無時 休み前の 各種作業を完了させていただく事が出来ました。


ご期待いただいております 新型 roadster AKI ボンドカーのボディーも 無時に 積層作業が完了させていただけましたので 作業の関係上 ボディーを立てたまま作業いたしておりましたが 積層作業が完了いたしました為 連休中に ボディーが倒れたり 変形しては困ると思い 29日 朝一番で 通常の様に 横倒ししてしまったため せっかく その立った姿を見るために 多くのお客さまが ご来店いただきましたが ほとんどの お客様に ご覧いただく事が出来ず 本当に申し訳ございませんでした。


ボンドカーボディーは 横倒しの後 ボディー重量での変形防止の為 一斗缶を利用して 宙に浮いた状態で安定させ 現在 可能な作業を 少しでも進行できるように 作業進行させていただいております。


今回のボンドカーのベース車両は お客さまの 持ち込み車両で NA8モデルでして そのうえ エンジンは NB8へ変更の上 各パーツも トヨタ2000GTに似せるため エアークリーナなど 改良を施されており ノーマルとは 異なり 配線等も かなり多くなっておりますので FRPボディー装着後の作業は なかなか 困難と思われますので 事前に フードインナー部分のフランジの切断削除作業を進行しております。

また ワイパーアーム装着の際 雨漏れが無いように 雨受けを製作しておりますので この時点で 事前に製作しておいた 雨受けパーツを ボディーと一体化する作業を行い ボディー同様 ゴールデンウィーク期間で 充分な効果が図れる様に 作業進行いたしました。


製作中の roadster 龍妃ファイナル も 無時 リトラヘッドなどが すべて完了 最終のインパネ装着に伴い 助手席グローボックスのフタ部分の装着等作業 左右 ドアートリムの立て付け調整等を行い ほぼ 連休明けには 塗装作業に回せるようになりました。


新型 roadster AKI 及び 新型 roadster 龍妃ファイナル 専用のインパネのマスターも 無事 完成いたしました為 メス型 製作作業を開始 今回は インパネのメス型は 3つに 分割して完成させることにしましたし センターコンソールも 2つに 分割させ 容易に メス型から 離脱出来るように 各種 メス型製作を 進行させていただきました。


Roadster AKI専用の 各種ガラスも 今月 中旬には 試作品が 完成予定ですので 問題なければ 即 量産体系となりますし ガラス完成に伴い roadster AKI 2号車を NB8ベースのクーペモデルとして完成させ この車両で 日本車両協会にて 車体歪み検査合格を目指す所存ですし 今回の ボンドカーは NAベースの為 この車両も 独自に NAベースの roadster AKI として 同じく 日本車両協会にて 別途 歪み検査を合格させてまいりますので 合格後は 晴れて ナンバー取得となり いよいよ roadster AKI の 納車も開始させていただきますので ご期待いただけると幸いです。


日が短く 簡単な作業動画ですが 先ほど アップさせていただきましたので ご確認のほど よろしく お願いいたします。


作業動画   https://youtu.be/lwkH8_LkmK8


皆様は たぶん 5月7日まで ゴールデンウィークの お客さまも 多いと思われますが 当社は 5月5日まで お休みを いただく事に致しました為 5月6日(土曜日)は 通常営業とさせていただきました。

お時間がございましたら 是非 ご来店いただけることを スタッフ一同 心より お待ちしております。